カリスマ英語教師

カリスマ英語教師の訓練

日本人の誰もが疑問に思っていることかもしれませんが、使えない知識を頭の中にたくさん詰め込んでいます。
学校で学ぶ英文法なども確かに大切ですが、とにかくあれだけ学校で学んでも話すことができないのはなぜか。

英語を話すということは、学問とは違うからです。
とにかく話すことで、英会話は自然に身につくのです。

赤ちゃんのころから親が常に話しかける日本語。
話をすることができなくても、最初は言っている意味がわかるようになっていき、その内に片言が言えるようになります。

2歳にもなれば会話ができるようになります。
これが英語を話すことと同じなのです。

英語に対しての学問的知識があっても、話すことが出来ないのなら何の役にも立ちません。
実技が出来なければ使い物にならないと言うわけです。

カリスマ英語教師が大切にしていることは、実技ができなければならないと言うことです。
耳で英語を聞き、そして実際に言葉にしてみる。
最初は発音もスペルも正確なものでなくても、繰り返していくことで自然に体に英語が染み付くのです。

毎日英語を聞くことが、とても大切になります。
少しでも時間があれば、英語を耳にして実際自分で話してみることを繰り返すのです。
子供が日本語を文法から取り込むことをしないのと同じなのです。

実践が一番

英語習得の方法はいくつかあります。
英会話教室に通うことや、CDで耳から取り入れる方法、また生活に余裕があれば数年の間、留学してもいいですね。

とにかくエンピツを持ち、ノートに書くことがどれだけ無駄なことなのか。
単語のスペルが書けなくても、話ができればそれでいのです。
外国人が日本語を完璧にかけないから、会話ができないといったことがあるでしょうか。

日本人はとかく学問に重点を置いてしまいますが、本当はこれが一番英語に関しては省きたい部分なのです。
カリスマ英語教師になるには、まずは音読をしていきましょう。

英語を口に出していくことで、耳から発音の吸収もされますし自分が間違った話し方をしていればそこで気付くことができます。
英会話も実際の学習時間が決まっていますので、それ以外は自分で英語のCDを聞いてみるなどして、常に英語に触れていくことです。

カリスマ英語教師は、自身も海外などにいって英語を生活の一部にしています。
独自のやり方もありますが、なかなか困難なことです。
できれば留学をして生きた英語に触れる時間をもつことで、習得期間も短くなっていくものです。

英文法が違っても、相手に伝わるものです。
最初は話している内容が大体分かれば相手も理解をしてくれます。
基礎的な英文法が分かっていれば、難しい文法など必要ないと言うことになります。