カリスマエステティシャン

カリスマエステシャンとは

エステシャンを志す理由として、自分がサロンに通っていた時の担当者が素晴らしかったからという理由をあげる人は少なくありません。
確かに、エステシャンにはキレイな人が多いですし、それだけでも女性として憧れを抱いてもおかしくありません。
しかも、それがカリスマエステシャンと呼ばれるような人であればなおさらです。

最近、カリスマエステシャンが雑誌やテレビなどで脚光を浴びています。
カリスマエステシャンがおすすめした化粧品は美容器具はあっという間に売れてしまうこともあるほどです。
また、カリスマエステシャンがおすすめする美容法もたちまち流行し、たとえばメイククレンジングの主流がダブル洗顔から拭き取り洗顔になったのもあるカリスマエステシャンの発言は元だったといわれています。

カリスマエステシャンともなれば、顧客も一流どころばかりで、女優やアイドルを施術することも日常茶飯事だとか。
華やかな世界のように見えますが、日々、美容に関する最新知識やテクニックを勉強し続ける地道な努力がかかせません。
セレブや有名人が相手の商売ですから、その緊張感も並大抵のものではないということです。

カリスマエステシャンの心がけ

一口にカリスマエステシャンといってもさまざまなタイプの人がいます。
マスコミにさかんに露出して華々しく活躍している人もいれば、知る人ぞ知る一見さんお断りの紹介制サロンでひっそりと活動している人もいます。
いずれにしても、つねに最高級の施術を提供していることには変わりはありません。

最高級の施術とは、高額な化粧品や器具を使用すればいいというものではありません。
やはり、エステティックとは人の手を介した施術なので、施術者本人の美意識がつねに問われます。
つまり、カリスマエステシャンたる者、日々の努力を怠ることができないということです。

もともと手先が器用な人に向いている仕事かもしれませんが、それ以上に大切なのは、つねに美を求め続ける心です。
もちろん、自分なりの美意識を大切にするアーティスティックな一面も大切ですが、お客様が何を望んでるのか正確に汲み取る力も重要です。
つまり、美意識とホスピタリティが同時に必要とされる仕事なのです。

カリスマエステシャンと呼ばれてチヤホヤされて有頂天にならない冷静さも重要です。
たとえマスコミでさかんにとりあげられても、自分の目的を見失うことのない人こそカリスマエステシャンの名に値するといっても過言ではありません。
芸能人やアイドルとのつきあいなどもあり一見華やかなように見えて、じつは地道なコツコツとした努力が何よりも大切な仕事のひとつといえるのではないでしょうか。