カリスマ主婦

カリスマ主婦とは、主婦の憧れ的存在で、そのほとんどがブログで料理のレシピや趣味などを公開して人気になっていっています。
ではなぜカリスマと呼ばれるのでしょうか。
カリスマ主婦には様々なタイプがあります。

料理のカリスマ

まず、カフェ風のおしゃれな料理や、キャラ弁、節約料理などの、料理を得意とするカリスマ主婦。
そのレシピや作り方を綴ったブログで人気を集め、そこからそのブログが書籍化されたカリスマ主婦が大勢います。

現在カリスマ主婦として活躍中の若松美穂さんは、生活情報誌「サンキュ!」に節約上手な読者として登場して以来、読者アンケートにて熱烈なアンコールが寄せられ、異例の再登場を果たし、それ以来毎月のように「サンキュ!」や「ESSE」の誌面に登場しています。

市販のお菓子でも、少しのアイデアで全く別のお菓子に仕上げたり、ジャムなどを使ったお菓子をブログで紹介したりしており、主婦ならではの、誰もが取り入れやすくおしゃれな生活術が圧倒的な支持を集め、生活全般にわたって、楽しく、豊かに暮らすための様々な工夫を提案しています。

2011年には、心理カウンセラーの資格を取得し、「心の整理術」をテーマに、主婦業のかたわら、講演や新聞、雑誌、ラジオへの出演、数々の書籍の執筆など、各方面で活動を行っている、とても活動的なカリスマ主婦です。

節約のカリスマ

同じく、カリスマ主婦として活躍中の矢野さんは、節約アドバイザーとしてテレビや雑誌などで活躍したり、「矢野きくの流 食材使い切り 節約レシピ300」という本を出版したりしており、この本は、その名の通り食材を無駄なく使い切ることができるレシピが載っていて、1つ1つのレシピも無理なく実践できるものばかりになっています。

料理研究家で、「料理本のアカデミー賞」といわれるグルマン世界料理本大賞の04年ベスト料理本に料理レシピ本「はるみのジャパニーズ・クッキング」が選ばれ「世界一」になったカリスマ主婦、栗原はるみさんは、料理からファッション、インテリアまで、楽しい暮らしを提案しているオンラインショップも開設しています。

専業主婦を経て、執筆活動、テレビ出演などに進出し、自信の専業主婦経験を生かした料理のレシピや家事、収納、おもてなしなど「生活スタイル」全般をおしゃれに提案し、主婦層から爆発的な支持を得ています。

また、お金をかけずに楽しく暮らすアイデアを読者が競う月刊誌「すてきな奥さん」では、カリスマ主婦と呼ばれる女性たちが、日々の家事で培った節約術や収納術を披露しています。

趣味が素敵なカリスマ

それから、手芸やガーデニング、プチリフォームなどの、自分の趣味を紹介し人気を得ているカリスマ主婦。
こちらもその材料や作り方、そして作品の紹介などを載せたブログが書籍化されたり、テレビ出演したりと、注目されれば大忙しです。

ブログによるカリスマ

そして、育児の様子や旦那との様子、節約の仕方など、日常をおもしろおかしくブログに綴り共感を得て人気が出たカリスマ主婦。
こちらは、書籍化はもちろんのこと、アニメ化までされたカリスマ主婦もいらっしゃいます。

継続が大切

これらカリスマ主婦に共通することとは、継続です。
料理や趣味など自分の興味のあること、得意なことを継続してそれを毎日地道にブログに綴り、自分のファンを着実に増やしていく。

そうして、カリスマ主婦という位置づけを収得できるのです。
カリスマ主婦は、全国の主婦たちの憧れであり、主婦のプロです。
自分の得意な分野を発揮して、まだまだ新しい分野のカリスマ主婦を発掘していきましょう。