カリスマトレーダー

カリスマトレーダーの考え方

カリスマトレーダーが取引の中で大事にしている考えがあるのですが、一つは相場は常に変化していき、その手法も変化するものということと売買は期待値で行うことの二つです。

以前はリーマンショックが相場になっていましたが、現在ではアベノミクスの相場で対応していくことになります。
相場はいつも同じではないということに対して、その手法を変えていくという考えは理解できると思います。

しかしこの手法というのは、勝っている間ではなかなか変えることができないものです。
そこで安易に変えるのではなくて、その手法をテストしていきながら検証していくことが大切になります。

トレーダーでは考えられないことですが、中にはなんとなく強いと思ったから買ったといった行動をしてしまう人もいるのです。
実際の検証を行っていないので、そこはやはり適当となってしまい出きれば具体的なものにしていくことが重要になります。

また、期待値ということでは勝てる確率が統計的に検証として出ているものであれば賭けてみるということで、これによって長く勝ち続けられる結果に繋がっていきます。
確かに勝ちということに対して強い思いを持つのはあたりまえですが、気持ちに一喜一憂していくのではなく、自分の手法と考えと信念で取引をしていくことがとても大切になります。

自分でこれは勝てるというやり方を見出していき、そのルールを守ることで期待値が上がります。
反対に自分を信じることが出来ず、そのルールさえ守れ無くなってしまったら期待値は下がるという結果になります。

自分の手法をあみだす

強いか弱いかという判断の材料になるものは、どのようなものがあるのか。
チャートやその状況で強弱の判断ができるものですが、具体的にはよく分かりませんよね。

カリスマカリスマトレーダーともなれば、このような場合でも具体的な材料を独自で集めることが可能になります。

自分のイメージとは違うときには、損きりをします。
判断を誤ってしまうと負けになってしまいますが、この判断材料を自分を信じて集めることで、良い結果に繋がります。

テストと検証は欠かせない

カリスマトレーダーになるためには、このようなテストと検証を欠かしてはいけません。
実際に自分が作った手法で勝てるのか、それを統計でとっていくことが大切です。
実際に勝てると確信したら取引開始です。

カリスマカリスマトレーダーは、自身を信じて手法をあみだしながら勝負しています。
気持ちの変化で自分が決めたルールを破ってしまうようでしたら、最初からやらない方がいいですね。

どのような情報にも気持ちを揺さぶられないように、カリスマカリスマトレーダーは自分の中にゆるぎない信念をもっているものです。